懐かしさ全開!ゲーム音楽のオーケストラまとめ

前回の映画音楽に続きオーケストラ動画まとめ、今回はゲーム音楽です。

テレビゲーム大好きです。時間があれば今でもやりたいなーと思いますが最近のタイトル事情もわからずなかなかできないでいます。

テレビゲームに使われる音楽にも素晴らしいものはたくさんあって、特にプレイしたことのある人ならテーマを聴けば「うわーよく遊んだな!」と記憶に残るものが多いと思います。

今回はそんな印象に残るゲーム音楽のオーケストラ動画をまとめてみました。

ゼルダの伝説

世界的にも人気のあるゼルダの伝説シリーズの25周年を記念してレコーディングされたオーケストラバージョン。スーパーファミコンのゼルダは本当によく遊んだ!冒険のワクワクを与えてくれるゲームです。

同じくゼルダ。こちらはライブで臨場感がいい感じ。映像が映し出されるときに会場からあがる声援がすごい。世界でもこれほど愛されてるなんて、日本人として嬉しくなります。

ファイナルファンタジーメドレー 1/2

ファイナルファンタジーメドレー 2/2

こちらも世界的に人気のRPGです。シリーズ内の人気楽曲がメドレーで聴けます。

FFの魅力はなんといってもその世界観。魔法や機械が共存していたり、人間と亜人種が共存する壮大なファンタジーの世界を毎回見せてくれます。

ファイナルファンタジー ビッグブリッジの死闘

ファイナルファンタジーシリーズのなかでも特に人気のこのテーマ。上のメドレーではいいところで分割されていたので他の動画を載せてみました。

ファイナルファンタジーX ザナルカンドにて

FFシリーズ初のPS2でのリリースとなった作品です。この作品をプレイしたのは大学生の頃でしたが、それまでしばらくゲームで遊んでなかった反動もあって夢中になってプレイしました(汗)。

キングダムハーツメドレー 1/2

キングダムハーツメドレー 2/2

FFシリーズと同じくスクエアエニクスからリリースされている人気シリーズ。ディズニーキャラクターとコラボしたりアクションでの戦闘システムなど色々と斬新な作品でした。

クロノシリーズメドレー 1/2

クロノシリーズメドレー 2/2

こちらもスクエアエニクスの人気シリーズ。僕はクロノトリガーしか遊んだことはありませんが、DQシリーズのキャラクターデザインを手がけていた鳥山明さんとストーリーを考えていた堀井雄二さん、FFシリーズの生みの親でもある坂口博信さんがチームを組んだ作品として注目を集めていました。

当時はまさかエニクスとスクエアが一緒になるなんて思ってもなかったなー。。。

ドラゴンクエスト 序曲

シリーズ作品が出るたびにCMもバンバン流れるのでこのテーマはほとんどの人は知っているのではないでしょうか?国民的なRPGであるドラゴンクエストのメインテーマです。

ドラゴンクエスト そして伝説へ

ドラゴンクエストのロトシリーズ最後の作品、DQ3のテーマです。この曲はゲーム音楽としては初めて、日本レコード大賞の特別企画賞にも選ばれています。

ワンダと巨像

主人公であるワンダが世界に点在する巨像と戦っていくというシンプルな内容ながらも、熱烈なファンの多い作品です。独特の世界観を演出した作品で、音楽はその世界観を支える重要な役割を果たしています。

オーケストラではないけどこれだけは貼らせてください。。。

マザー Eight Melodies

こちらはMotherという任天堂からリリースされている人気シリーズの中の楽曲です。

Mother1+2

Mother3

もうこの作品なくしては僕のゲームライフは語れません。リメイクが出るたびにプレイをして、そのたびに子供のころの冒険心を思い出させてくれる作品です。

今のゲーム作品のような綺麗なCGが使われるわけではなく、ドット絵によるグラフィックが中心なのですが、楽しいストーリー展開と魅力的なキャラクターによってグッと物語に引き込まれます。

作品中のキャラクターのセリフやストーリーは糸井重里さんによるもので、ひとつひとつが印象的なセリフで心に残ります。

とにかくここでは書ききれないほど素晴らしいシリーズなのでぜひ一度遊んでみて下さい。

マザー 元祖Eight Melodies  。・゚・(ノД`)・゚・。

冒頭でも書いたのですが、子供の頃はかなりゲームをやりましたが最近は全くやらなくなってしまいました。

でも音楽を聴くと夢中になってプレイした頃を思い出します。

以前なぜか衝動的にPinterestに、今までやったゲームをまとめたりしてたので、よかったら見てみてください。そしてもし昔プレイしたゲームを見つけたら、ぜひその思い出を聞かせてください。

Games – Pinterest

僕の子供も素敵なゲームにたくさん出会えるといいなあ。

作業用BGMにも使える、映画音楽のオーケストラ動画まとめ

最近息子と久しぶりにジュラシックパークを借りてきて観たのですが、20年も経つ作品とは思えないほど面白く、ワクワクする気持ちを思い出しました。

恐竜好きな息子も気に入ったらしく、映画の音楽をかけたりするととても喜びます。

YouTubeで動画を探して聴かせてあげるのですが、映画で使われる音楽ってその映画を観たときの興奮を思い出すし、とってもいいなーと思いました。

特にオーケストラで演奏されるものはライブによる緊張感や盛り上がりがあって聴いていても迫力を感じます。

今回はお気に入りの映画音楽のオーケストラ演奏の動画をまとめてみました。
お仕事中の作業量BGMとして聴いてみてください。きっと観たことのある映画があると思います。

数々のハリウッド名作映画

それでは、いきなり映画音楽の大御所、ジョン・ウィリアムズの作品から5連発

スターウォーズのテーマ

もうこれはド定番ですね。映画史に残る作品の有名なテーマ。

ジュラシックパークのテーマ

これも有名な作品です。3:35あたりのメロディは雄大な自然のなかに現れた恐竜の姿が思い浮かぶような壮大なテーマです。

スーパーマンのテーマ

映画作品は観たことはなくてもこの曲は耳にしたことある!という人は多いのではないでしょうか。永遠のヒーローのテーマ曲です。

インディ・ジョーンズ レイダースのテーマ

これまた超有名曲(っていうか有名なテーマしか載せていませんが)。世界に眠る、まだ解き明かされない謎を追うロマン溢れる映画のテーマ曲です。特に男性は子供のころに冒険ごっこなどして過ごしたかたも多いのでは。

ETのテーマ

宇宙人と人間の子供たちの友情を描いた作品のテーマ曲です。ジョン・ウィリアムスは他にも有名作品の音楽を多数手がけている、映画音楽には欠かせない人物です。

次はアラン・シルベストリという方の、これも有名な2曲を紹介。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

これは僕自身がもっとも好きな映画のテーマ曲です。自動車型のタイムマシンに乗って過去と現在を行き来する話しですが、SFのロマンやエンターテイメントが凝縮された作品です。随所に細かなこだわりが隠されて何回見ても新たな発見がある、そんな作品です。

フォレスト・ガンプ

これもいい曲だなあー。ピアノから始まる冒頭部分はベンチに座ってバスを待ち続ける、あの純粋なフォレストの姿を思い出させます。

そしてこの作品が好きなら思わず涙してしまうのが、5:25あたりからの部分です。アメリカの激動の歴史をひたむきに駆け抜けたフォレストの姿と音楽が胸にグッと迫ります。

ロード・オブ・ザ・リングス

こちらも映画史に残る超大作。動画もだいぶ長いですが、壮大なファンタジーの世界を余すところなく描きぬいた作品の内容にふさわしい壮大なテーマの数々です。ぜひ音楽を通じてそのファンタジーの世界に浸ってみてください。

日本映画も負けていない。

もちろん日本映画にも素晴らしい音楽はたくさんあります。

今回はド定番ではありますが、久石譲さんの作品をいくつか紹介します。

もののけ姫

人間と自然の共存を取り扱ったヒット作品です。海外でも評価の高い作品です。音楽は日本的な静けさや情緒に溢れた内容になっていると思います。

魔女の宅急便

魔女の少女キキの成長を描いた作品です。子供のころに何回もみたなー。個人的にはトンボって男の子が自分のロマンを大事にするナイスガイで大好きです。

天空の城 ラピュタ

あーなんか初っ端から「これぞジブリ映画!」という感じでワクワクしてきます。

でも調べてみたらナウシカ、トトロ、ラピュタっていうのはジブリ映画のなかでも興行成績はそんなよくないんですね。僕の年代だとド真ん中の作品だと思うんだけどな。。。

Two of Us

こちらも久石譲氏の作品。「ふたり」という映画で使われている曲です。オーケストラではありませんが非常に伸びのある演奏が印象的だったので入れてみました。

あと日本映画では佐藤直紀さんの音楽を紹介したかったですがオーケストラの動画があまり見つからなかったのであきらめました。興味があるかたはぜひチェックしてみてください。

番外編

Mambo! – WEST SIDE STORY

映画音楽ではなくてミュージカル?の曲なんですが、とにかくオーケストラの演奏が格好良くて衝撃的だったのでぜひ観てみてください。演奏者がみんなとても楽しそうに演奏しているのが伝わってきます。

以上、有名な作品ばかりでしたがオーケストラ演奏というテーマでお気に入りの映画音楽をご紹介しました。

いやー音楽って本当にいいものですねぇ。

【子供とおでかけ】ロボット体験スペース、ロボスクエアに行ってきた。

3歳になるうちの息子は恐竜や宇宙やロボットなど、SFっぽいものが大好きなのですが、よく行く図書館の近くにロボットが展示しているスペースがあるというので行ってきました。

robosquare

福岡タワー近くのTNCビルの2階です。こんなところがあったのか!

ロボット体験スペース【ロボスクエア】

中にはいろんな種類のロボットが展示されています。

aibo

ロボットと言えばおなじみペット型ロボットもAIBOを始め多くの種類が展示されています。

segway

セグウェイ!動いてるところみたいなあー。というか乗ってみたい。。。

smartpet

面白かったのがこれ!スマートペットっていうらしいんですけど、iPhoneアプリとペット型ロボットのコラボレーションです。

顔になっているiPhoneにタッチしてなでてやったりすると喜んで鳴いたり動き回ったりします。これは楽しい!

餌をあげたり出来てゲーム性も兼ね備えてるみたい。名前をつけることもできて、自分の名前を認識して反応するとのこと。カメラとマイクを合わせもったスマートフォンならではのアイデアだと思いました。

一応、胴体になっているロボットは玩具として販売しているようですが、アプリだけでも遊ぶことはできるみたいなのでぜひ体験してみてください。

スマートペット|iPhoneが顔の次世代ペットロボット

あと、なんかこんな顔認識機能を持ったディスプレイも展示されていました。
これはAR(拡張現実)と呼ばれるものでいーんでしょうか。

ていうかiPhoneで撮ったから横幅ちょう狭い。

あとは癒し系というか、コミュニケーションを目的にしたロボットというのが流行っているようで、会話ができるロボットがいくつか展示してありました。

ifbot

こちらはシニア向けに脳の活性化を目的として作られた「よりそいifbot」というロボット。
簡単な会話の受け答えやなぞなぞ、計算などをしゃべってくれます。

シニアにもやさしいホームページがいい味をだしてる。

㈱ifoo:お勧め商品:よりそいifbot

paro

こちらは東日本大震災でも活躍したというセラピー用アザラシ型ロボット「パロ」です。

ちょっと動画では動きがわかりずらいかもしれませんが、なでたりしてやるとアザラシのように鳴いたり動いたり反応をみせます。動物にふれあうことでストレスの軽減に役立つそうです。

パロ|ロボット事業|大和ハウス

そして一目見て「あっ!」と驚きの気持ちを隠し得なかったのがこのロボット!

kabochan

「うなずきかぼちゃん」です!!

実はこのロボット、以前息子と図書館でロボットの本を借りたときに初めて知り、YouTubeで動画を見たときの強烈な印象が忘れられずにいたのですが。。。

こんなところにいたのかよ~、かぼちゃん~。

そのときに見た、非常にわかりやすいかぼちゃんの説明動画がこちら。

4:50あたりからかぼちゃんとおばあちゃんのスキンシップは盛り上がりを見せ、5:46あたりからは衝撃の展開を迎えます。おばあちゃん、そんなに淡々と電池換えられると悲しすぎるよ!

いや、今は違和感のあるこの光景も、10年後には見慣れた風景になるかもしれません。

そして最後まで動画を見ると現れる「ピップ株式会社」のロゴ。
え?ピップってあのピップエレキバンのピップ?

そうなんです。ピップ株式会社ではココロとカラダの健康をテーマに様々な製品を開発しています!(ステマ)

うなずきかぼちゃん ピップのスマイルサプリメントロボット

そうそう、あとはこんな自作感溢れるロボットも展示されております!

cleaner

これは先端についたペットボトルにピンポン玉を入れて掃除していくというロボットなのですが、このロボスクエアではこういったロボットを作ることができる教室が定期的に開催されています。

robot-craft

こんな感じで親子でロボットの作り方を学ぶ教室が開かれていました!楽しそう!
教室も作れるロボットの種類ごとに様々な内容で開催されてますのでご興味あればぜひこちらからチェックしてみてください。

【ロボスクエア】新着情報:イベント・ニュース一覧

僕も近いうちに息子と一緒にどれか参加してみようと思います!

スペース内にはショップがあって、ロボットグッズやロボット自作のための部品が販売されています。

parts

うおお、なんかこういうの詳しくなったらすっごく楽しそう。。!男の遊びですなー。

というわけで子供と一緒に未来のワクワクを体験できるロボスクエア、福岡にお住まいのパパたちはぜひお子さんと一緒に遊びに来てみてはいかがでしょうか?

海や福岡タワーも近いし、おすすめです。ロボットに興味があればぜひ!

robot